トップページ > 会長から > 会長から 第5回

会長から 第5回

 昨日は節分、今日は立春。暦の上ではもう春ですね。
 先日春日丘高校に行きました、旧体育館、本館、ピンク館のすべてがすっかり取り壊され、整地の真っ最中でした。とうとう私の学生時代のものがすべて姿を消してしまいました。残ったものは、頭の中にある想い出だけとなってしまいました。あの本館の薄暗い廊下と油のにおいが懐かしく思い出されます。
 さて、6月23日の、ガーフィールド高校との第2回交歓演奏会はOB会主催で行うことになりました。合同演奏では、前回同様みなさんの多数の出演を期待しています。特に今回は、ガーフィールド高校の生徒がホームステイを希望していてそれを受けることになりました。基本的には現役部員の家庭に引き受けてもらいますが、みなさんの中で引き受けていただける方がいらっしゃれば、ご一報ください。前日の交流会は、音楽部保護者の会が準備してくれますので、皆さんも参加してください。
 ホームステイといえば、先月末に私の家でも、娘の学校(福井高校)に韓国の学生が40人ほど来ていて、その中の金くんと李くんの2人を一晩泊めました。はじめてのことなのでどうしたらいいのかわからなかったのですが、男子なのでとりあえず一部屋を空け、親の家から布団を借りて寝かせる場所を確保しました。次は、やはり言葉です、こちらは韓国語は知らないし彼らも日本語がわからない、彼らをつれて帰ってきた娘は何と片言の英語で話しているではありませんか。そうかやはり英語は世界共通語かなと思いました。ほとんど無言の夕食、その後の団らんは息子がパソコンを持ってきてゲームをしていて会話の中には韓国語はでてきませんでした。食事は、普段のものにしたので多少口にあわなっかたかな、特に朝のみそ汁は二人とも残していた。12時間ぐらいの滞在でしたが、無事に役目を終え学校まで送り届けたあと、ほっとしたような物足りないような、複雑な気分でした。
 そんなことでガーフィールドの生徒を引き受けられるかどうかは、思案中です。
 
平成15年2月4日  音楽部OB会 会長 中村巧