トップページ > 演奏会記録 > 第2回日米高校生による親善演奏会2003

第2回日米高校生による親善演奏会2003

第2回日米高校生による親善演奏会2003
平成15(2003)年6月23日
高槻現代劇場中ホール

[春日丘]
ほたる こい/そうらん節/
爆笑!CMポプリ2003/Topsy Turvy

指揮:清原浩斗先生 ピアノ:吉田真奈

[Garfield]
Fouintains of Rome/Ashitaka Sekki/
School for Scandal Overture

指揮:マーカス・ツタカワ先生

[合同]
海の精(夜想曲(第3章))[T]/狩人の合唱(魔弾の射手)[K]/
オレンジの花は香り(カヴァレリア・ルスティカーナ)[T]/
大行進曲(タンホイザー)[T]/藤蔭青春を[K]

指揮:マーカス・ツタカワ先生[T]・清原浩斗先生[K]


 6月19日、はるばるシアトルから来日したガーフィールド・オーケストラは、翌20日に夕陽丘高校との演奏会、21日に京都観光を済ませ、22日日曜日に音楽部との対面を果たすべく、大阪にやってきました。  22日はリハーサルと交流会を行い、つたない(?)英語ながらも生徒同士、大人同士の交流が繰り広げられました。そして、その夜はホームスティが行われました。現役生24組とPTA・藤蔭会・OB32組、合計56組の家庭が74名のガーフィールド生を自宅に招き、日本文化を体験してもらいました。
 23日は演奏会です。少々雨模様でしたが、 999円の親善協力金を頂いた方を招いて、満席での「親善演奏会」が行われました。今回は両校とも内容深い単独ステージがあり今の音楽部らしい「歌って踊る」ステージで合同ステージを締めくくりました。
 24日の朝、嵐が過ぎ去ったかのように春日丘高校で見送りました。メール交換する者あり、そして抱き合う者あり、といい関係ができ「また来年シアトルで会いましょう!?」という言葉で別れを惜しみ合いました。
 その後、ガーフィールド・オーケストラは、岡山・広島・姫路・東京成田と演奏旅行を続け、7月1日には無事シアトルへ帰国されました。

写真館(パソコンからのみ・Flashでご覧下さい)
第1ステージ:春日丘高校音楽部
第2ステージ:ガーフィールド
第3ステージ:合同
前日交流会