トップページ > 会長から > 会長から 第10回

会長から 第10回

 じめじめした日が続き、梅雨が明けるのが待ち遠しいですね。
 6月23日のガーフィールド高校オーケストラとの親善演奏会は、たくさんの方のご来場をいただき客席も満員となり盛況の内に終えることが出来ました。また、この演奏会のためにご寄付いただきました、たくさんのOBの方々に心より感謝申し上げます。ガーフィールド高校オーケストラ(GFO)は6月19日に来日し翌20日に府立夕陽丘高校で演奏をしました。それを聴こうと夕陽丘高校に着いたとき演奏がちょうど終わったところで残念ながら聴けませんでした、しかしツタカワ先生には挨拶が出来て1年3ヶ月ぶりに再会の握手を交わしました。
 今回と3年前との来日で大きく違うところは、ツタカワ先生の希望でホームステイを受け入れたことです。昨年3月にシアトルを訪れたときに音楽部員をホームステイさせていただいたので、そのお返しです。ステイファミリーの募集からGFO生徒の割り振りまで細心の心配りをしてくれたのがOB会事務局です。そのおかげで、無事に2日間のステイを過ごせました。交流会から演奏会へと共に過ごし、翌24日、岡山への出発の朝、別れを悲しむような雨の中、生徒達はそれぞれに来年3月の再会を約束していました。私もツタカワ先生とシアトルでの再会を約束し日本での最後の挨拶をしたのでした。
 ところが、GFO生徒の忘れ物があり、それを届けるため28日の市立姫路高校とのジョイントコンサート会場まで出かけました。ツタカワ先生もびっくりしていましたが、姫路まで来てくれてありがとうと大変喜んでおられました。そして本当に別れを惜しみ最後の挨拶をしました。
See you again next year in SEATTLE!
 今回の交歓演奏会で英語を1つ覚えました、それは「chaperon」と言う言葉です。GFO生徒の保護者で、今回のツアーに付いてきた人たちのことです。ということは、来年音楽部とシアトルに一緒に行けば、
Am I chaperon?そりゃ~たいへんだぁ・・・。
 
平成15年7月4日 音楽部OB会 会長 中村巧