トップページ > 現役情報 > 現役の語り8 山崎太郎君

現役の語り8 山崎太郎君

第8話 平成16(2004)年4月
部長 山﨑太郎君 「アメリカの感想、そして新年度を迎えて‥」

 こんにちは、第63代部長をさせていただきます、山崎太郎です。まず、清原先生をはじめとする顧問の先生方、昨年度はお世話になりました。また、OBの方々にも東京、定期演奏会、アメリカなど多くの場で支えていただきありがとうございました。今年度もよろしくお願いします。
 最初はアメリカの感想を書こうと思います。まず飛行機に揺られて約10時間(実際に飛行機が少し揺れました)。時差ボケと、座り続けた疲労にふらつきながらも、レセプション会場へ。会場では、楽器を構えて待っていて下さっていて、素敵な演奏を聞かせていただきました。その後ホストファミリーと対面しそれぞれ各家族のもとへ…。翌日、夕方まではシアトル市内あちこち観光し、夕方からはガーフィールド高校とのリハ。観光やショッピングでみんながはしゃいでいたのでリハでは疲れていたようです。しかし向こうのオーケストラの迫力でみんなが元気になれた気がします。
 それで迎えた次の日、朝から小学校でコンサート。ライオンキング大拍手!喜んでいただけて良かったです。演奏の後は小学生の容赦ない英語に苦しめられつつも、校内を案内してもらい、授業の様子も見学させていただきました。帰りにおにぎりをいただいた人もいたようです。さあいよいよ本番。本番を行うMeany Hallは大きく、2階席もあるとてもよい所でした。まず、ライオンキング。一曲一曲終わるごとにスタンディングオベーション!大拍手!! 最高でした!そして、一番心配だったアニソン。うけました!!曲は知らなくても、それぞれの雰囲気は感じとっていただけたようで、笑いもおこりました。春日丘単独の後はガーフィールドの単独で、「ウエスト サイド ストーリー」から、など素晴らしい演奏をきかせていただきました。そして合同!! リハではうまくいかなかった男声合唱の「狩人の合唱」も成功し、スタンディングオベーション!そして大喝采でした!! 我等が「藤蔭青春を」も、アメリカの方にも好評で誇らしく思いました。これらの他にもいろいろ演奏しましたが、どれも今までで最高の拍手と喝采をうけました!終わってからロビーでも一曲歌い、大満足でした。
 そんな興奮も冷めやまぬ翌日。ガーフィールドの生徒との別れを惜しみつつセントジェームズ教会に向け出発。この教会のコンサートもすごかった!なんといっても響き方がすごい!!! 我々が年に一度使用している某会館とは大違い、響く響く!ここでは一番最後に「アメリカ・ザ・ビューティフル」を歌ったんですが、もう迫力が…!! 魂を教会に置き忘れそうになりました。アメリカでのコンサートはこれで終わり、後は楽しむだけ…フフフ…。
 そんな気持ちの次の日は!待ってました!! ディズニーランド!!! 朝からずーーーーっと終わりまで!ジェットコースターには、どんなに小規模なものでも乗らなかった自分が、最後にはスプラッシュマウンテンにも乗ってしまいました。良い体験ができました。ディズニーのパレードも見ました!とても華やかで、いろんなキャラクターにシャッターを切っていると、目の前にライオンキングのシンバが!!写真に収めないと!と思ったら…ウイーンウイーン(フィルム巻く音)。。フィルム入れ替えてる間に通り過ぎて行きました…。
 とまあ、いろいろな思い出とお土産と疲れをホテルに持ち帰った私達は明日の朝は早いから寝よう!という人と、明日は朝早いからずっと起きていよう!の二者に分かれました。後者のほうがダントツに多かったと思います(僕はもちろん後者)。そのせいもあり、帰りの飛行機はみんな熟睡していました。でも帰りは飛行機内で11時間もありますから、みんなずっと寝ていたわけではなく、おしゃべりも盛んでした。みんな元気なもんです(自分も)。そんな感じで、無事関空に帰って参りました。とても楽しかったです!ありがとうございました。
 さて話は変わって、4月から新年度が始まり新しい音楽部のスタート。部長という役職もスタート。そこで考えることは、これからの部活をどうしていくかということです。正直に言いますと、まだ大きな目標はありません。部長とはいったいどうしたらいいのか、まだはっきり見えてこないからということもあります。よく部長は「部の顔」だ、と言われます。しかしそれだけではだめだと思うのです。僕は人前でなかなかうまく話せないですし、面白いことをして、ムードをつくり出せるわけでもないです。しかし何と言うか、今の僕の部長の理想は「音楽部の父」というような存在になることです。家ではごろごろ何もしてないように見えて、仕事はきっちりこなしていて、優しさと厳しさもある、というような部長になれたらいいなと思います。
 この、長くまとまりのない文章を、ここまで読んでいただきありがとうございました。こんな部長ですが、よろしくお願いします。今年度も先輩方の御指導、御協力をよろしくお願いいたします。それでは失礼いたします。