トップページ > 会長から > 会長から 第33回

会長から 第33回

 6月となり梅雨の季節となりましたが、今年のつゆ入りは遅れるようですね。
 5月15日(日)は、藤蔭会総会と「藤蔭まつり」でしたが皆さんはご存じでしたか?
 今年は、中庭の特設藤棚ステージで卒業生のギター演奏と女性ヴォーカルグループの演奏がありました。「藤蔭まつり」の締めくくりは毎年、「藤蔭青春を」と「校歌」を参加者全員で歌うのですが、今年はちょうど「森の歌」の合同練習日に当たり、練習に参加していた現役生も含めて清原先生の指揮のもと、たくさんのOBとともに「女学校校歌」も歌いました。直前ににわか雨が降りましたが、私達が歌う前には雨もあがり中庭に歌声が響き渡りました。来年も、たくさん参加してもらいたいものです。
 さて、6月25日(土)はシアトル・ガーフィールド高校オーケストラとの第3回親善演奏会が開催されます。合同演奏曲は「森の歌」でバスソロに東京から岸本さん(昭41卒)、テナーソロに井場さん(昭48卒)が出演していただきます。毎回の練習には50名近くのOBが参加し熱のこもった練習を繰り返しています。前日の24日には青少年センターでリハーサルと交流会がありますので、演奏に参加されない方も是非お越し下さい。みんなで彼らを歓迎しましょう。そして今回も、GF生69名のホームステイを引き受けます、現役生家庭だけではすべてを受け入れられず、私もホームステイを受ける用意をしたいと思っています。OBの方でホームステイを受け入れてくださる方は事務局までお知らせ下さい。
 この季節の花といえば菖蒲を思い浮かべますが、ちょうど高槻花しょうぶ園が開園したのでさっそく行ってきました。しかしながら、5月は雨が少なくまた気温も低かったせいで菖蒲の花がまだ開花せず、ほとんど咲いていませんでした。一方、園内のラン温室では色とりどりのランが咲いてその中の菩提樹の木に花が咲いていました。小さな白い珍しい形の花ですが、この木の下でお釈迦様が悟りをひらいたと言われています。花しょうぶが見られなかったので、お土産にしょうぶ餅を買って帰りました。これこそ花より団子ですね。帰路に、先日NHKで紹介された「しげさんの工房」に立ち寄りました。山林で拾ってきた伐採後の木の根や枯れ木がたくさん置いてあり、それらがしげさんから新しい命をもらうために待っているように見えました。電車を利用した展示室にはテレビで紹介された「勝利の手」も置いてありました。ここでの事は、“やらせ“ではありませんでした。

平成17年6月1日 音楽部OB会 会長 中村巧