トップページ > 現役情報 > 現役の語り11 川崎慎一郎君

現役の語り11 川崎慎一郎君

第11話 平成17(2005)年7月
部長 川崎慎一郎君 この立ち位置で歌うんですか!プリーズ星人光来!

 こんにちは!こんばんわ!もしくは、おはようございます!部長の川崎慎一郎です。
 まず最初に、今回の日米親善演奏会に関して沢山の面で協力して下さったOBやOGの先輩方そして保護者の皆様にお礼を申し上げたいです。本当にありがとうございました。OB・OGさん方と一緒に舞台に上がることができ、光栄に思いますし、とても良い経験になりました。
 さてこの演奏会では驚いた事も多かったのですが、森の歌の本番の立ち位置には度肝を抜かれました。立ち位置は吉岡先輩に作って頂いたのですが(ありがとうございました)、何故か僕が最後列のOBゾーンに居たんですよね…。いやぁ、これには焦りました。
 もう「吉岡先輩っ!これはネタですかっ?!」と思うばかりでした。しかし、OBさん(左隣は佐々田先生だったんですけど)に挟まれて歌えるのは幸せでした。吉岡先輩様々ですね。ちなみに、右隣の右隣が中村会長だったんですが、2つ向こうでも会長様の声はしっっっかり聞こえてました☆
 そして、声がすごかったと言うなら、やはりソロのお二人、井場さんと岸本さんですよね。お二人は本当にお上手で、個人的には事前に聴いていたCDのソリストより、お二人のソロの方が好きです。是非、またどこかでその歌声を聴かせて頂きたいです。
 あ、そうそう、僕の家はホームステイしたんですが、思ってたよりも英語話せましたっ!楽しかったです、英語話すのは。僕の場合、中三時代の勉強が生きましたね。高校入ってからは、もうほとんど勉強してな……あ!僕の家では、ほとんど僕がGFO生に通訳(言えるほどのものではありませんが…)してたんですが、母は永遠とプリーズプリーズ言ってました。事あるごとにプリーズ言ってました。ご飯できて食べてほしい時はプリーズ。台所に来てほしいときもプリーズ。お風呂が沸いてもプリーズ。もうプリーズ星人です。これを称して我が母をプリーズ川崎と呼びたいと思います。というわけで、僕は電子辞書片手に頑張っていたのですが、喋ろうとして英語を調べていると、英語を勉強するってこういうことなんだ!☆☆と思いました。小麦粉の袋に「フラワー」って書いてあるのですが、小麦粉は英語で「flour 」とか花火は「firework」とか覚えました。
 そんなこんなで、色々あったんですが本当にたくさんの良い経験ができ、達成感を得られたのは、皆様のおかげです。本当にありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いします。