トップページ > 会長から > 会長から 第38回

会長から 第38回

 朝夕はめっきりと寒くなり深まりゆく秋を感じる頃となりました、皆さんいかがお過ごしですか。
 阪神タイガースはまたまた日本一を逃してしまいましたね。それにしてもロッテが4連勝するとは思っても見なかったです。やはり実力のパなのでしょうか。
 さて今までもお知らせしていましたOB有志による演奏会が10月16日(日)茨木クリエイトセンターで開催されました。私もメンバーの一人として参加し、今までにない真剣な練習になんとかついて行ったというのが本音です。「方舟」を練習し始めた頃、難しそうな歌と感じましたが、まぁ歌えるだろうと高を括っていました。ところが練習を重ねていくたびに難しくなり、音がとれなかったり、テンポに遅れたり、ほんとうに苦しい練習でした。本気に1年間余り発声からハモリやパートバランス、そして他のパートを聞いて歌うことなど、合唱の基本に戻った練習をしました。また集まったメンバーも新卒から年輩までそろい、広く年代を超えた新たなOBの交流も生まれたことがとてもうれしく思いました。演奏会が終わり日曜日の練習が無くなり、何か張りつめていた糸がプツンと切れたように思え寂しさを感じています。この合唱グループは演奏会終了とともに解散しました、しかし機会があれば新たなメンバーを加えまたやってみたいと思ったのは私だけでなく、今回参加した全員が思っているのではないでしょうか。
 そして演奏会の次の日曜日、1年間しっかり練習し演奏会をやり遂げた自分たちへの褒美を口実に、N先生、Fさん、Sさん、S君と有馬温泉に行ってきました。「松茸すき焼き」の褒美をお腹いっぱい食べ、ゆっくりと温泉につかり疲れた体を癒しました。翌日は流れ落ちる水の音が周りの山にこだますることから「鼓ヶ滝」といわれている滝に行ってたっぷりとマイナスイオンをあび心身共にリフレッシュしました。さらに紅葉の名所である「瑞宝寺公園」に立ち寄りましたが、紅葉にはまだ早く一部の葉が赤く染まっているだけでした。もう少し寒くなると公園一帯が真っ赤に染まり大勢の人が訪れにぎやかになるのでしょうが、人影もまばらでひっそりとしていて落ち着いた気分を味わうことが出来ました。
 この演奏会を通して合唱することの喜びを久ぶりに味わうことができ、お世話してくださった方々に感謝いたします。

平成17年11月1日 音楽部OB会 会長 中村巧