トップページ > 会長から > 会長から 第60回

会長から 第60回

 夏の高校野球は佐賀県の県立佐賀北高校が優勝しました。開幕試合に登場し、延長15回引き分け、再試合を制して、優勝候補との延長サヨナラ勝ち。決勝の大一番では、まさかの逆転満塁本塁打が飛び出すなど、ひたむきにプレーする選手たちは甲子園を沸かせ、「がばい」旋風を巻きおこしました。歴史もあり文武両道を自負する校風は、われら春日丘高校とどこか共通するものがありそうです。音楽科があるそうですが、クラブ活動は吹奏楽が盛んで残念ながら合唱はやっていないようです。
 現在長居陸上競技場では世界陸上大阪2007が開催されていますが、日本の選手の成績は期待通りの結果を収められていません。こうなると4×100mリレーと女子マラソンに期待したいですね。最速を競う女子100mでは同タイム写真判定の激戦だったし、女子棒高跳びでのイシンバエワの跳躍は世界記録には失敗したものの 174センチの長身が力強く華麗に舞うたびに歓声がわいて、印象に残りました。
 この夏、恒例となっているS43卒の同級生たちと、1泊2日のハワイ旅行に出かけました。ハワイと言っても鳥取県のはわい温泉です。今回のメンバーはN先生と横浜からO君と私とFさん、それにOB仲間のU君、Sさん、S君の7人です。水無瀬から高速道路に乗りハワイ温泉を目指して出発です。昼過ぎに蒜山ジャージーランドに到着、昼食はジンギスカンのバーベキューです、N先生はここまで運転してきたからと掟破りのビールを注文、おいしそうに飲むのを横目に夜までガマンガマン!雄大な大山を眺めながらふもとの道を進み、スキー場でもある舛水高原へ、ここではリフトに乗り標高900mの展望場まで一気に昇りました、米子市街、島根半島が一望でき、下から吹き上げる風で額の汗も引いていきました。大山登山の登山口でもある大山寺を訪れたのち、ハワイ温泉へと向かうのですが、JR倉吉駅で16時30分に途中合流のS君を迎えに行かなければなりません。ここで小学生の算数の簡単な計算です、大山寺15時30分に出発、JR倉吉駅までの距離は50km、どのくらいの速度で走ればいいですか?そうです平均時速50キロで行かないと間に合わない、一般道路をこの速度で走ることは相当厳しいのです。山の中の曲がりくねった道で、前をゆっくり走る車にイライラしながらも何とか5分前に駅に到着し、改札口でS君を迎えることができホッとしました。宿は東郷湖に迫り出した所にあり、湖に面した露天風呂が評判なのです。泉源は湖の中、むかし漁師が泉源近くに船を浮かべ、それに湯を満たして風呂にしていたそうです。
 次の日、日本列島はどこも30度を越える暑さ、「因幡の白うさぎ」神話の白兎神社に参拝し、U君の先祖だという「大国主命」の像にごあいさつ。空には真夏の太陽、汗が止めどなく流れてくる、次の鳥取砂丘に行こうとすると、この暑さで砂丘に行くと熱中症になるでという声に、急遽行き先変更、N先生の提案で、涼しい生野銀山に行くことにしました。坑道の入り口に立つと中から冷たい風が吹き出して汗が一気に引き、寒いと感じました。坑道から出ると元の暑さ、しばしの休息となりました。
 そうそう、今年も現役の合宿に顔を出しましたが昨年と少し違うなと感じました。彼らの朝から夜まで練習漬けになっている姿には感心しますが、時間をかければいいというものではなく、さらに全体としての意思伝達が不十分だと感じました、いろいろと課題が残っているようでした。

平成19年9月1日 音楽部OB会 会長 中村巧