トップページ > 会長から > 会長から 第63回

会長から 第63回

 一年がだんだん速く過ぎていくように思われるのはやはり年をとってきたからでしょうか。とうとうカレンダーも残り一枚になってしまいました。今月から灯油やパン・めん・お菓子類が値上がりしますね、ガソリンもさらに値上がりしそうです。その影響で音楽部のアメリカ公演への航空運賃が値上がりし、当初の予定より費用がかかりそうです。普段の生活必需品はもとより旅行者にとっても厳しい値上げとなっていますね。
 11月23日、近くの神社で「新嘗祭」があり、参拝してきました。今では「勤労感謝の日」として祝日になっていますが、終戦後までは「新嘗祭」の祝日だったそうです。農耕儀礼の中にも新しい穀物を神に供えそれを食べて収穫を祝う習慣があり、「風土記」や「万葉集」にもその様子が描かれているそうです。合わせて行われた「お火焚き祭」では、私自身の健康を祈願し護摩木を焚き上げました。
 私が現在しているスポーツはゴルフですが、若いOBがゴルフを始めたらしく練習場でなくコースに行きたいということで、まずはIさん(H11)とM君(H13)とでショートコースに行ってきました。コース2回目のIさんは練習場ではうまく打てていたのに、いざコースではやはり勝手が違いうまくいかず、グリーン上では何度もカップを通り過ぎなかなかカップイン出来ないこともありました。いくら練習していても本番で緊張したりしてうまくいかないのは、合唱とどこか通じるところがあるようです。まぁ、そうならないために練習を重ねるわけで、何をするにしても「ローマは一日にして成らず」ですね。
 もう一つ、4年連続して一万人の第九に挑戦しています。先日は指揮者の佐渡裕による特別レッスンがありました。一万人の第九をヨーロッパで話題にすると観客が1万人集まると思うそうで、一万人が合唱することなどとうてい考えが及ばないそうです、またこのような企画が25年間も続いていることに更なる感動を覚えるとおっしゃっていました。男声合唱のところでは、佐渡さんが舞台から降りて肩を組みながら歌い、私はU副会長とS君と並んで肩を組んで佐渡さんのすぐ後ろで歌いました。今年はOBが9人参加し、昨年と同じ有元先生のクラスで練習しました。伴奏はOBの羽根田さんが弾いてくれていました。2日の本番ではオーケストラ左後方の3列目で歌います。テレビに映るかな?ゲストは中島美嘉さんです。

平成19年12月1日 音楽部OB会 会長 中村巧