トップページ > 会長から > 会長から 第66回

会長から 第66回

 今年の冬は予想に反して寒く、雪の降る日が多かったですね、でも昨日(2月29日)の母校の卒業式は、天気も穏やかで卒業生を祝ってくれているようでした。音楽部の3年生の皆さん卒業おめでとうございます、もう進学が決まった人もいれば、まだこれからの入試に挑戦する人もいるでしょう。3年間の高校生活を振り返ってみてどんな風に感じていますか、私の高校3年生のこの時期は、私立の入試を受けず国公立だけを目指していたのですが、あえなく浪人する羽目になってしまいました。1年後にはなんとかD大学に受かりましたがDグリーには入らず、混声合唱に入ってしまいました。そのころはK大グリーやR大メンネルに先輩たちがおられ、私たちを指導しに来てくれていました。そういえば平成8年卒の女性指揮者Kさんのお父さんであるOさんはR大メンネルにおられました。
 今年の定期演奏会(3月25日)のOB合同ステージは「A Little Jazz Mass」、「リチャードロジャース・ミュージカルメドレー」、「教会の合唱」ですが、すべて原語なので覚えるのが大変です。2月の練習日は雪に見舞われ大変な日もありました、演奏会まであと3週間あまり、練習回数はあと数回ですが私は暗譜で歌えるようにがんばっています。本番の舞台は現役とあわせて 130人くらいの大合唱となりそうです。皆さん是非聴きに来てください。そうそうくれぐれも会場を間違えないようにしてください、高槻現代劇場中ホールですよ!
 先日、冬の恒例行事として久美浜にカニを食べに行ってきました。こちらを出るときから雪がちらほらと舞っていて、福知山を過ぎて山越えの道になると道路も雪で真っ白、タイヤチェーンを雪が降る中で装着しやっとのことで旅館に到着しました。お風呂で冷えた体を温めたのち、舟盛り刺身と、カニ刺し、ゆでガニ、焼ガニ、みそがたっぷりの甲羅酒、かにすき、かに雑炊とカニづくしの豪華メニューを味わいました。翌日は、いつものコースで城崎温泉の外湯巡りのひとつ「一の湯」にゆっくりつかり、出石に立ち寄り「出石そば」の昼食を堪能しました。その夜、お土産に持って帰ったカニを今回参加できなかったS君のために水無瀬M4にてカニ鍋の宴をもちました。連夜のカニ鍋で私のお腹はすっかりメタボリックになってしまいました。
 好きなものがやりたいときに集まる男声グループ「をとこまつり4」、一昨年のバッカスフェスタに続き今回は、三田市「郷の音ホール」で開催された第1回全国男声声楽アンサンブルコンテスト「三田ハモらっせ!」に出場しました。優勝賞金50万円の獲得を目指して・・・。参加資格は4人以上の男声グループということだけ、事前のテープ審査を通過した20団体によるコンテストです、その中には、3人の子供とお父さん、ダークダックスを彷彿させるグループ、オーソドックスな男声合唱などさまざまなグループがありました。自信を持って臨んだのですが残念ながら今回は無冠に終わってしまいました。つぎの目標はなんだろう、11月のバッカスフェスタかな?楽しみです。

平成20年3月1日 音楽部OB会 会長 中村巧