トップページ > 会長から > 会長から 第75回

会長から 第75回

 先日、皆様のお手元に届いたOB会ニュース「KOON」35号でご案内の清原先生の Anniversary演奏会に向けて第1回練習が11月30日に行われました。約40名のOBが集まってくれました、これから約10ヶ月みっちり練習したいと思います、皆さんもぜひ参加してください。ところで「KOON」をご覧になって、あれ?OB会長が2人いるぞ、と思われませんでしたか。じつは校正ミスで、すみません、上野君は副会長です。
 東京オリンピックが開かれた昭和39(1964)年10月1日、テレビで画期的な中継がありました。それはこの日に開業を始めた夢の超特急「ひかり」の東京から新大阪まで4時間の生中継でした。NHKのアナウンサーが車内から実況していたのを覚えています。空からはヘリコプターで追いかけ、ビュッフェ車にある速度計が最高速度200km/hを示しているのが映し出されていました。そのときの、新幹線0系車両が多くの鉄道ファンや報道陣に惜しまれながら11月30日に最終ランとなり、昭和の高度経済成長時代を代表するものがまた消えていきました、残念ですが時代の流れには逆らえません。
 11月23日、近くの神社で「新嘗祭」があり、参拝してきました。合わせて行われた「お火焚き神事」では、私たちの店「美なせ野」の商売繁昌を祈願し、護摩木を焚き上げました。山々のもみじの紅葉もやっと見ごろとなってきましたね、年々少しずつ時期が遅れてきているように思います、暖かい冬は過ごしやすくて結構ですがこれも温暖化の影響でしょうね。
 自治会の消防訓練の一環で、救命講習を受けました。AEDを使う心肺蘇生法です。最近よく見かけるAEDですが使用法がわかりませんでしたが、実際に使ってみると音声で手順を案内してくれるのでとても簡単でした。心臓がかすかに動き出した(心室細動)時に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すのです。救急車が来るまでの5~6分間の間、人工呼吸と心臓マッサージを繰り返して救命処置を行います。講習を終え救命講習修了証をもらいましたが、実際にそんな場面に遭遇したときに落ち着いて行動できるか分かりませんが、いつでも出来るように心がけたいと思います。

平成20年12月1日 音楽部OB会 会長 中村巧