トップページ > 会長から > 会長から 第88回

会長から 第88回

 新年明けましておめでとうございます。皆様と共に新しい年を迎えることができ、大変うれしく思います。
 さて平成22年は、3月27日(土)に第56回定期演奏会が予定されています。清原先生が退職されて、自分たちで頑張っている現役生達の1年間の成果を聴きに行ってあげてください。今回はOB合同ステージはなく、ミュージカルは「ウェストサイド物語」を演じるそうです。
 昨年は、第九を3回歌いました、9月22日のAnniversary演奏会、12月6日の一万人の第九では槇原敬之君と一緒に、12月23日は淀川区民合唱団一千人の第九の応援でした。そして今は、阪神淡路大震災十五周年記念事業の一環として兵庫芸術文化センター管弦楽団第30回定期演奏会で演奏されるヴェルディ「レクイエム」を練習しています。清原先生が合唱指導している「大阪ヴェルディ特別合唱団」に14人のOBが参加しています。1月15・16・17日の3日間公演です、震災から十五年、鎮魂のレクイエムを祈りを込めて歌いたいと思います。
 現役生は、12月19日に咲くやこの花館で14回目の出演となるクリスマスコンサートを演奏しました。校長先生も聴きに来られ、楽しい演奏をしてくれました。
 平成22年が、OB会や皆様にとって、いい年になりますようにお祈りいたします。

平成22年1月1日 音楽部OB会 会長 中村巧