トップページ > 会長から > 会長から 第90回

会長から 第90回

 2010バンクーバー冬季オリンピックが終わりましたね。開会式の聖火点火のとき床から3本の柱が出てきましたが、本当は4本出る予定だったそうですね。それでも何とか絵にはなっていましたが、かわいそうなのは最終ランナー4人のうちの一人でしたね、点火すべき柱が出てこずじっと立ったままでした。
 日本は結局、金メダルが取れずに終わってしまいましたが、フィギュアで男女とも銀メダルを取れたことは嬉しいことです。今回、競技の前に服装のことで話題になったK選手についても意見が分かれていましたが、国の代表選手であるからには、やはりきちんとすべきだと思います。これも「ゆとり教育」の弊害のひとつかなと思いました。
今日は母校の卒業式ですね、音楽部の3年生の皆さん卒業おめでとうございます、進路が決まった人も、しかたなく来年チャレンジすることになった人も、これからは音楽部OB会の一員となって後輩のためやOB相互の親睦を深めていってもらいたいと思います。1年・2年生は定演に向けてのラストスパートです、今回OB合同ステージはありませんが、3月27日の定期演奏会にはみんなで聴きに行きましょう、そしてOB会のブースで会いましょう。
 先日、丹後半島久美浜にカニ旅行に行ってきました。雪の心配も無くむしろ4月ごろの陽気に恵まれ、いつものカニ旅行とは違った気分でした。カニ刺し、ゆでガニ、焼ガニ、みそがたっぷりの甲羅酒、かにすき、かに雑炊とカニづくしの豪華メニューを味わってきました。翌日は、豊岡のコウノトリの郷公園に立ち寄り、自然に放たれている13羽のコウノトリを観察しました。前日には人工巣塔の巣内に6個の卵が確認されたそうです、無事孵化することを願います。日本画で松の上に鶴が描かれている絵や、花札の松に鶴の絵も、本当は鶴でなくコウノトリだそうですよ。
 今年は寅年、私は今月18日にとうとう還暦を迎えます、また先日結婚25年の銀婚式も迎えました。そこでトラにちなんで滋賀県のJR虎姫駅に隣接する「虎明神」に行ってきました、阪神タイガースが優勝したときは大変にぎわったそうですが、シーズン前でもあったのでひっそりとしていました。それから三重県にある「なばなの里、ウィンターイルミナーション」に行きました。日が沈み、あたりが薄暗くなったときイルミネーションが点灯し、幻想的な明かりの世界に変わっていきました。200mも続く「光のトンネル」や、広い敷地を天空に見立て、特殊イルミネーションで「神秘のカーテン、オーロラ」を表現していました、そして圧巻は「水上のイルミネーション」そのスケールは幅5m、長さ120mの光の川で木曽三川(木曽・揖斐・長良川)の流れを表現していました。音楽に合わせ移り変わる鮮やかな川の色は、実際に川が流れているように見えました。
海の向こうのチリでは、マグニチュード8.8の巨大地震が起こりました、日本には津波が押し寄せましたが50年前のときとは違い、被害がなかったようで安心しましたが、現地では多くの人が犠牲になっているようです、改めて阪神大震災を思い出しました。

平成22年3月1日 音楽部OB会 会長 中村巧