トップページ > 会長から > 会長から 第97回

会長から 第97回

 暑かった夏もやっと過ぎ去り、やっと秋の気配が少しずつ感じられるようになりました。まだ夏の名残がある9月14日、仲間と近江八幡休暇村に行ってきました。近江八幡市は近江商人発祥の地として有名です。「手こぎ和船」に揺られ、葦の群生する水路を老船頭の昔語りを聞き、自然がたっぷりの風景に身をまかす、癒しの水郷めぐりを満喫しました。城の外堀であった「八幡堀」は琵琶湖とつながっていて、商人たちの交通路として利用されていたそうです。以前はヘドロでいっぱいの堀も市民の清掃活動のおかげで、昔の風情のある風景を楽しませてくれています、そしていまでは「水戸黄門」「遠山の金さん」「必殺仕事人」などの時代劇のロケ場所となっています。その八幡堀の船着場からの通りには近江商人の大店や本宅が建ち並んでいます。その家々には屋根に「うだつ」をあげています、そして塀越しにのぞく「見越しの松」がこの通りに粋な風情をかもし出しています。春日八郎が歌った「お富さん」の一節、「粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪・・・」を思い出し、思わず歌ってしまいました。
 平成21年卒業生のお母さん方と食事をする機会がありました、もちろん同じ時に卒業?された清原先生も一緒でした。清原先生はしばらくお酒を控えていたそうで少しだけスマートになっておられました。2次会のカラオケでは、先生は即興でハーモニーをつけて一緒に歌われ、時間のたつのも忘れて楽しく歌い、大いに盛り上がりました。
 今日からタバコが値上がりしましたね、愛煙家のY岡くん、N末君たちはこの機会に禁煙しますか? たぶんしないでしょうね、でも吸いすぎないよう嗜んでください。明日2日は創立100周年プレイベントVol.4のバスツアーに参加します、その様子は次回に報告する予定です。。この「会長から」のコラムも9年目に入ります、いつまで続けられるか分かりませんが、これらからもご愛読いただきますようお願いします。

平成22年10月1日 音楽部OB会 会長 中村巧